27年間彼女いない歴=年齢男が彼女をいっぱい作った実際の話と手順を説明する

風俗を利用すれば彼女は要らない?風俗利用のデメリットについて

男女

近年、ソープランド、ファッションヘルス、デリヘルなど、ありとあらゆる風俗店が存在しています。これらの風俗店を利用すれば、彼女がいなくても性欲が満たせるし、寂しさも紛らせると考える人も多いようです。風俗嬢は、普通のアルバイトの5倍から10倍もの高いお金を受け取っているので、一緒にいる時間は最高のサービスを提供してくれるメリットがあります。仕事としてプロ意識をもってやっているので、素人の女性が嫌がるような行為も不平不満を言わずにやってくれることもあります。

しかし、風俗嬢は、本当の彼女と比べるといくつかの違いがあります。この記事では、彼女と風俗利用の違いについてお話します。

ベッドルーム

お金がかかる

風俗店を利用するにはお金がかかります。ファッションヘルスだと5千円程度から、デリヘルだと1.5万円程度から、ソープランドだと2万円程度からとなります。デリヘルの場合、サービス料のほかにラブホテルのホテル代もかかるので、さらに5千円程度のお金もかかります。また、時間も限られていて、長く一緒にいようと思うと膨大なお金がかかってしまうということになります。お金に余裕がある人は、お気に入り嬢の出勤の全枠押さえるという場合もあるようですが、普通の学生や勤め人にはそこまでお金をかけられない人が多いです。

会える時間が限られる

風俗嬢の出勤は多い人では、月に20日程度ですが、少ない人だと月に2-3日という場合もあります。そのため、お気に入りの嬢を見つけても予約が取りにくい場合もあります。特にクリスマスやバレンタインデーなどは人気のため、予約が取りにくいことも多いようです。そのような特別な日でなくても、人気嬢ともなると予約がすぐに埋まってしまうことも多く、毎回予約が取れないという人も多いです。運よく予約が取れたとしても、会える時間はせいぜい60分~180分程度と限られた時間となります。入浴時間や性行為の時間などを考慮すると、会話ができる時間が全くないということも多々あります。そのため、体は満たされても、心は全く満たされないこともあります。

突然の別れがやってくる

風俗嬢は一時的にお金が必要で、お金が貯まったらすぐにやめてしまうという人も多いです。また、稼げる店を探して、いろいろな店を渡り歩く人も多いです。いろいろ話したかったことを考えていても、突然退店してしまい、行方も分からなくなるということも多いです。ある日、店のプロフィールから消えて、行方もわからなくなります。一般的に風俗店では客とのLINEや電話などの連絡先交換は禁止されているので、退店してしまうと連絡を取る手段がありません。何度も会って絆を強めたいと思っていた場合、無念さが残ります。店に聞いても、行方や連絡先等は一切教えてもらえないので、大変残念ですが、退店したら2度と会うことができなくなります。風俗店の客の中には、お気に入り嬢がいついなくなってもよいように、代わりとなる嬢を探しておく人も多いようですが、お気に入り嬢がいなくなると寂しい気持ちが残ることは間違いありません。

寂しい思いをしたくないなら本当の彼女を作るべき

枕

彼女を作らずに風俗店を利用すると、性欲を満たしたり、寂しさを紛らわせたりすることはできるかもしれません。しかし、お金がかかったり、会える時間も限られたりするという問題があります。また、突然の別れを覚悟しなければなりません。どんなに好きな風俗嬢を見つけたとしても、本当の彼女ではないことを考えたときに、ふと虚しさを感じることもあるのではないでしょうか。風俗嬢は一緒にいる時間だけ最高のサービスを提供する女性ですが、本当の彼女ではないので、本当の彼女を超える存在にはなりえません。心身を満たすには、風俗嬢ではない本当の彼女を見つけるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です