27年間彼女いない歴=年齢男が彼女をいっぱい作った実際の話と手順を説明する

勃起不全(ED)とは?原因や治し方とは?

こんにちは、メンタリストDaiGoさんの弟子のゆうたです。

もしかしたら勃起不全(ED)かもしれない。

恥ずかしくて誰にも相談できない。だけどセックスレスの原因にもなるし治療したい。

そんな問題を解決していきたいと思います。

本記事の内容
  • 勃起不全(ED)とは?
  • 勃起不全(ED)になってしまう原因とは?
  • 勃起不全(ED)の治し方とは?
27年間彼女いない歴=年齢男が彼女をいっぱい作った実際の話と手順を説明する

勃起不全(ED)とは?

勃起不全よりもEDと略されることが多いですね。EDは「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。

どういった病気か専門的に説明すると「性交時に十分な勃起が得られない、または十分な勃起を維持できずに満足な性行為が行えない状態」です。

重度な勃起不全「勃起せずに性交不可能」から中等度勃起不全「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」の日本人男性(成人)は、約1130万人です。

自分はEDなのかなと思ったら「満足な性交が行えるだけ勃起を維持できているか」を考えてみてください。

もし維持できていないのであればEDに含まれます。

勃起不全(ED)になってしまう原因とは?

勃起不全(ED)になってしまう原因は大きく「身体的要因」と「心理的要因」の2つあります。

身体的要因

性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。

神経と血管が正常に働かなく原因として糖尿病、高血圧症などの心血管系疾患に加え、肥満と運動不足、喫煙などの生活習慣があげられます。

心理的要因

精神的なストレスは神経伝達に影響を与えることがあり、それがEDの原因になっていることがあります。

仕事のストレス、夫婦関係のストレス、日常生活のストレス、性交のトラウマによる心理的要因もEDの原因になります。

勃起不全(ED)の治し方とは?

まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

たばこ、アルコール、食事、睡眠、運動を見直して改善できることからしていきましょう。

勃起不全(ED)を治す第一選択肢は「治療薬」

勃起の反応を高める経口薬のPED5阻害剤(バイアグラ、レビトラ、シアリス)が第一選択となっています。

一昔前では手術をして陰茎に薬剤を注射したり、外科的に植え込み手術をするなどの方法がありました。

それ以外の解決法として増大サプリや精力剤を試してみるのもおすすめです。


男性のお悩みは必見

特定のパートナーにだけ勃起不全が起きているかも!?

パートナーに魅力を感じなくなってしまった。

性行時のトラウマが精神的ストレスになって勃起不全になってしまう。

そんな男性は結構多いです。もしかしたらあなたもパートナーが変われば勃起不全にはならないと考えてはいませんか?

もっと綺麗で可愛くて魅力的でエッチな女性と性行為できるならどうですか?

あなたの勃起不全の原因を知るためにも一度パートナーを変えてみるというのも一つの手です。

「ハッピーメール(登録無料)」を使えばすぐに綺麗で可愛い女性と出会うことができます。さらには大体エロい子です笑

心は痛むかもしれませんが、勃起不全のセックスレスにより別れる選択をするよりかはマシではないでしょうか。

あなたにオススメの記事
⇒⇒⇒性欲低下の原因とおすすめの対策法を紹介!セックスレスを防ごう!

あなたにオススメの記事
⇒⇒⇒【厳選】オススメの精力剤を紹介!セックスレスを防ごう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です