27年間彼女いない歴=年齢男が彼女をいっぱい作った実際の話と手順を説明する

モテない男が初デートで避けるべき4つのNG

モテない男

モテない男がようやく初デートにこぎつけたものの、女性をがっかりさせるNGを連発してしまい、2度目はなし…。そんな悲劇を避けるためにはどうすればよいのか?避けるべきNGを4つに絞り解説しましょう。

まずははやる気持ちを抑えよう!とにかく落ち着いて!

モテない男

初デートに臨んだモテない男性が、女性をがっかりさせるNGを連発してしまう原因はどこにあるのでしょうか?

答えは簡単です。

初めてデートに臨む男性は「嫌われないようにしよう!」「なんとしてでも好かれよう!」という気持ちが強すぎるのです。

言い換えれば「なんとしてでも次のデートにつなげなえれば」という「はやる気持ち」が強すぎるのです。

そんな男性は、せっかくのデートの貴重な時間も「なんとかしなきゃ、なんとかしなきゃ!」という必死な思いで過ごしてしまっています。

それでは女性が「なんなのこの男は…?」と思ってしまいます。

ですので、初デートの男性がまず心掛けるべきは、「はやる気持ちを抑える」ことです。

とにかく落ち着いて行動するようにする。

これだけでも女性に与える印象は大きく変わってきます。

 

女性は初デートの時、男のここを見ている!

モテない男

落ち着いて行動できるようになれば、次は女性に嫌われる「NG行動」を避けるようにしましょう。

では、「NG行動」を避けるためにはどうすれば良いのか?

それには、初デートの時に女性が相手の男性のどんなところを見ているのかを知っておくとよいでしょう。

どこを見ているのかを知っておけば、それに対応した行動をとればよいということになります。

事前に準備しておくこともできるでしょう。

ファッションセンス

これは女性に限ったことではないのですが、初デートの時まず目を止めるのは相手のファッションセンスです。

服の着こなしといっていいかもしれません。

気合が入りすぎて普段着たことのないような全く似合っていない服で初デートに出かけても、たぶん笑いものになるだけでしょう。

自然体が一番なのですが、だからと言って家にいるときのままのような、例えばジャージでデートに行くような愚かな真似は避けましょう。

肝心なのは「自然体」かつ「清潔さ」です。

この「清潔さ」は女性受けするためには大切ですので、特に心掛けるようにしましょう。

ユニクロでも大丈夫!

清潔さを演出するもっとも簡単な方法は、「白いシャツを着る」です。

この白いシャツであれば、別にユニクロであってもかまいません。

幸いなことにユニクロはロゴを前面に押し出した服を作っていませんので、それがユニクロであるかどうかは見た目ではほとんどわからないからです。

清潔な白いシャツであれば何も高いブランドの服でなくても全く構わないのです。

わからなければマネキン通り買おう!

ただ、白いシャツだけでコーディネートが完成するわけではありません。

パンツの上着、ハンカチや小物類なども必要になってくるかもしれません。

「そんなことを言われてもわからない」というのが初デートに臨む男性の本音かもしれません。

しかし心配はいりません。

あなたと同年代の男性をターゲットにしたと思われるマネキンの着こなしをそのまま真似てしまえばいいのです。

マネキンをコーディネートしているのはプロです。

あなたが服を選ぶよりもはるかに無難です。

プロの着こなしがタダでに手に入るのだから、マネキンの着こなしを真似ない手はないのです。

初デートは言葉遣いも要注意!

この場合は「見ている」のではなく「聞いている」ですが、言葉遣いはある意味見た目以上に印象を左右するのでとても大切です。

では、初デートでは男性は女性に対しどのような言葉づかいで接するのが良いのでしょうか?

最初はとにかく敬語を使おう!

初デートの相手の女性は年下、あるいは同い年くらいの可能性が高いと思います。

しかし、年下や同い年の相手でも最初はできるだけ敬語を使うようにしましょう。

もちろん堅苦しいほどの敬語は逆にマイナスになりますので、適度なもので大丈夫です。

そして、相手が「敬語なんて使わなくていいですよ」と言ってくれてもそれでもなお、しばらくは敬語を使いましょう。

そして、この後「やっぱり敬語なんて変ですよ」と言ってくれたなら、自信を持ちましょう。

相手の女性があなたに好意を持ってくれた証であるからです。

ここに至ってようやく、敬語を使うのをやめてもよいでしょう。

慣れてきても油断は禁物!適度に敬語を

相手が「やっぱり敬語なんて変ですよ」と言ってくれたら、あとは丁寧な言葉遣いを続ければよいでしょう。

ただしだからと言って上から目線の言葉を使うなんてもってのほかです。

常に相手に敬意を持った言葉遣いを続けるようにしましょう。

初デートも4つのNGを避ければ成功する!

モテない男ここまでは、実は初デートでなくとも社会人であればある程度身についているであろうことに関するアドバイスでした。

ここから先が肝心の「初デートでやってしまいがちなNG」への対策です。

初デートはどんな男でも舞い上がってしまがちなもの。

舞い上がっていると気づかぬうちにNGを連発してしまいます。

ただ、「やってしまうかもしれないNG」を前もって把握しておけば、ボロを出さぬよう気を付けられるもの。

しっかり心にとどめておいてください。

早く歩かない!

女性というのはあなたが思っているより歩くのが遅いものです。

ヒールなどを履いていればなおさらです。

「女性は歩くのが遅い」ということを常に心の片隅に置いておき、とにかくデートではゆっくり歩くようにしましょう。

早く歩いてしまうと「この男性、心がはやっているのかも…」と見透かされてしまいます。

ゆっくり歩けば落ち着いているように見えますし、そうなれば相手にも安心感を与えることができます。

とにかく「ゆっくり」と歩くよう心掛けましょう。

食事もゆっくり食べる!

これも「はやる気持ち」からやってしまいがちなNGです。

歩くのと同じで、女性は男性に比べものを食べるのもゆっくりです。

あなたがはやる気持ちで早く食べてしまえば、気が付くと女性の食事はまだまだ残っていてその先会話に困ってしまう、なんて悲劇が起こりかねません。

その時、まだ食べている女性はどんな気持ちになるでしょうか?

「ああ、早く食べなきゃ…」と焦りを感じてしまうかもしれません。

「この人、相手のペースなんて何も考えずに食べちゃう人なんだ」と感じる人もいるでしょう。

この時点でかなりのマイナスポイントとなってしまいます。

そして食べ終わってしまったあなた自身はどうすればよいのでしょうか?

なにか会話をしなければと思い、けん命にネタを見つけて話しかけるかもしれません。

しかし、相手はまだ食事中です。

食事中に話しかけられても、話しながら食べるのなんて下品、と教えられて育った女性ならば困ってしまうでしょう。

もはや、「早く食べる」ことに何のメリットもないことがお分かりいただけたと思います。

味わうことができなくてもいいので、相手のペースに合わせてゆっくり食べるようにしましょう。

映画などの感想はポジティブなものを!

初デートに映画を選ぶ人も多いでしょう。

見終われば当然、映画の感想が話題になります。

そんな時、決して「つまらなかったね」などのネガティブな感想を言わないでください。

ネガティブな感想を言う男はどんな場面でもなげてぃぶ志向な人物と思われがちです。

また、ネガティブな感想を言ってしまうと会話が続かなくなってしまいます。

ただでさえ会話が途切れがちになる初デートだけに、会話が続かなくなるネガティブな話題はNGなのです。

焦って次の予定を立てたがらない!

最後の最後でやりがちなNGです。

これをやってしまうと、はやる気持ちが前面に出てしまい何もかもが台無しです。

がっついた姿勢が女性に伝わってしまえば、相手は引いてしまいます。

次の予定などLINEで簡単に立てられるのです。

ここは一つ落ち着いたところを見せ、「今日はとても楽しかったです。ありがとう」という一言くらいであっさり締めくくりましょう。

去り際の潔さは必ず次につながるのですから。

まとめ

初デートで女性をがっかりさせる4つのNG、わかっていただけましたか?

思わずやってしまいがちなことばかりですが、事前に覚えておけば必ず避けられるものばかりです。

初デートは細かな気配りで必ず成功するもの。

しっかりマスターして、2回目、3回目へとつなげてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です